HURRAY

パワハラ?、感情の交錯が認められない時代へ

スポーツ


湘南ベルマーレ曹貴裁(チョウ・キジェ)監督の言動が問題となっている。パワハラ疑惑があるというが、賛否を含め、様々な意見が飛び交っている。

「行き過ぎた指導方法」等の報道が目につくが、プロフェッショナルなスポーツ界という戦いの場に「指導」という言葉が適切なのだろうか疑問が残る。選手たちは学生でも児童でもない。果たして同監督のどのような言動がパワハラと認定されるのか、既に着手されているJリーグの調査の調査の行方に注目である。正当性があるのは、干された選手やスタッフの主張か、多くの名選手を輩出している名監督の主張か。