HURRAY

世紀の誤審、一向に改善しない問題の所在は?

スポーツ

Jリーグ第12節、湘南対浦和戦で、湘南杉岡のシュートが一度ゴールネットを揺らしたにもかかわらず、審判団はノーゴールとしてプレーを続行させてしまうという大誤審があった。しかも続行した結果、浦和がカウンターをしかけた格好となり、あやうく浦和にゴールが決まり、誤審により2点差がつく異常事態に繋がりかけた。

ゴールラインテクノロジーの導入など、様々な議論を巻き起こした事件ではあるが、明らかに副審のミスジャッジ。Jリーグ各チームに招聘された外国人監督が異口同音に「レベルが著しく低い」と、世界基準との違いを評価される審判団自身が反省しなければ、同様の問題は繰り返されるであろう。得点能力は審判でなく、ストライカーに備えてほしいものである。