HURRAY

米国INF離脱、軍拡か新たな秩序への第一歩か

国際

冷戦終結につながる緊張緩和をもたらした米露間の中距離核戦力(INF)全廃条約が死文化しようとしている。米露とも条約上の義務履行を停止すると宣言し、ミサイル開発強化の姿勢を鮮明にした。双方が欧州やアジアに配備すれば、軍事的緊張が高まることは必至である。

米国の決断は、背景に強大な中国の脅威があることは否めない。今回の両国の宣言は、もはや米露二強の時代ではないことの象徴であり、新たな枠組みとルールづくりで軍縮につながる第一歩だと信じたい。