HURRAY

見事に準優勝、美しき敗者は文化の象徴

スポーツ

AFCアジアカップの決勝で日本はカタールに敗れ、準優勝に終わった。あと一歩での優勝は、妥当な結果といえよう。準々決勝でカタールと対戦すれば、ベスト8止まり、決勝で対戦したから準優勝に輝けた。柔軟な戦い方でここまで、乗り越えてきたといえば、聞こえがいいが、場当たり的な戦い方にも見えた。

「日本らしさ」を追求した数年前のチーム運営はどこにいったのだろうか。相手チームの国籍の問題を指摘するテレビ解説者のコメントばかり気になる決勝戦、相手云々ではなく、まずは自らを省みる姿勢が必要であろう。真の現在位置を知ることができるであろう、コパ・アメリカ参戦が決定している日本代表。ホンモノが勢ぞろいする大会での活躍を期待したい。