HURRAY

Tカード会員情報、提供報道に見解

経済

カルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)は、Tカードの会員情報を捜査令状なしに提供しているという一部報道を受け、見解を示した。「従来よりお客様から個人情報をお預かりするとともに、データベースの適切な管理を実施してきた。その個人情報の取り扱いに関しては、捜査令状があった場合にのみ、必要最小限の個人情報を提供するという協力姿勢をとってきた」とし、2012年からは「『捜査関係事項照会書』があった場合にも、新たに施行された個人情報保護法に則り、一層の社会への貢献を目指し捜査機関に協力してきた」と現状について説明した。

今後は、個人情報保護方針およびT会員規約に明記し、細心の注意を払っていくとしているが、収集された情報がどのような扱いをうけるかは、保証の限りではなく、情報を供与した側の自己責任であることを利用者は認識するべきであろう。