HURRAY

初競りで3.3億円、やりすぎざんまい

経済

築地から昨年10月に移転した豊洲市場で初となる新年最初の取引「初競り」が5日早朝に行われ、すしチェーン「すしざんまい」を運営する喜代村が、一番マグロを3億3360万円(キロ単価120万円)で競り落とした。

落札価格に報道陣からもどよめきが起きたが、落札した喜代村の木村清社長は「え~?そんなに。やっちゃったね。やりすぎちゃった。」とコメント。「最高のマグロです。お客様に食べて頂いて、元気をつけていただきたい。全店舗で出します。」とも話したが、先行き不安な国内を元気付けるコメントと豪快なキャラクターは、さすがの一言。