HURRAY

ブレグジットで幕開け、メイ首相結束を求める訴え

国際

イギリスのメイ首相は1日、議会がEU離脱協定を承認すればイギリスは「turn a corner(窮地を脱し)」、「意見の違いを棚上げにできるようになる」と新年の挨拶で話した。さらに、雇用が史上最高を記録し、公的債務が縮小している中、イギリス経済の土台は強固だと述べた一方、「あらゆるコミュニティーのあらゆる国民が恩恵を感じる」ためには、なおやるべきことがあると話した。

野党の反応に目を向けると、年の声明でコービン氏が、メイ首相の「悪い協定を押し通す」行動を許してはならないと発言し、労働党が政権をとれば、EUと再交渉してより良い離脱条件を引き出す道を模索すると話した。どちらにせよブレグジットは避けられず、世界経済の2019年の幕開けは、大英帝国発からとなる。