HURRAY

IWC脱退を表明、商業捕鯨再開

経済

 

日本政府は26日、鯨の資源管理を担う国際捕鯨委員会(IWC)から来年脱退し、7月には領海と排他的経済水域での商業捕鯨を再開すると発表した。政府は、日本の長い歴史の中で鯨がたんぱく源としてだけでなく、さまざまな用途に供されてきたと指摘。捕鯨活動は地域社会を支え、鯨を使った生活や文化を培ってきたと述べた。

この発表に対して環境保護団体グリーンピース・ジャパンのサム・アネスリー事務局長は、日本政府にとっての急務は海の生態系を守る取り組みだとする声明を出したが、日本の一般市民は鯨や捕鯨に全く関心のない人が実は多いと指摘されている。