HURRAY

北海道ガス爆発、原因はアパマンのガス抜き

経済

札幌市で16日夜に起きた爆発事故で、倒壊建物に入居していた不動産仲介店を運営する「アパマンショップリーシング北海道」の佐藤大生社長が18日に会見した。店長が室内で在庫の消臭スプレーを処分するため、120本を並べて断続的に噴射することでガス抜きをし、約20分後に給湯器を使おうとして爆発が起きたと説明。「心よりおわび申し上げたい」と謝罪した。

死者が出なかったのは、不幸中の幸いである。ただ今は、被害者への真摯な対応と近隣住民のガス抜きが必要だろう。