HURRAY

現職エルドアン圧勝、トルコ大統領選

国際

24日投開票されたトルコ大統領選・総選挙で、現職のエルドアン大統領と与党が圧勝した。有権者は独裁色を強める政府を支持し、15年にわたるエルドアン氏の実質的な支配がさらに続くことを認めた。大統領の与党・公正発展党(AKP)と国家主義的な連立パートナーは、総選挙でも議会の支配を確実にした。エルドアン大統領は首都アンカラでの演説で勝利宣言し、「国民は私に大統領の任務を与えてくれた」と述べ、支持者が国旗を振って勝利を祝った。同大統領は「偉大なトルコは強い指導者を必要としている」というスローガンでこの選挙戦を戦った。

異例の団結をみせた野党連合は、アナトリア通信の発表した選挙結果は不正に操作されていると批判しており、今後、同国は政治的混乱に陥る可能性が高い。トルコは北大西洋条約機構(NATO)の加盟国で米国にとって極めて重要な存在であるが、米国の意に沿わない行動をとることも多い同国の動向から今後もますます目が離せない。