HURRAY

先行きは不透明、中国版ベージュブック

マーケット


チャイナ・ベージュブック・インターナショナルが28日公表した調査によると、中国の第1・四半期の経済活動は引き続き順調で、雇用の伸びは過去最高の水準にある。

不動産とコモディティーという2つの成長要因は鈍化の兆候を見せており先行きは不透明だとのことであるが、そもそもこの国の指標発表自体が不透明である。