HURRAY

ダウ700ドル超下落、対中貿易戦争再燃

マーケット

22日の米国株式相場は大幅続落。米政権による新たな関税措置の発表を受け、貿易戦争を巡る懸念が再燃した。米国株はほぼ全面安の展開となり、ダウ工業株30種平均は全ての構成銘柄が値下がりした。主要3指数は取引終了までの1時間で下げ幅を広げ、ダウ平均は700ドル余り下落。シカゴ・オプション取引所(CBOE)のボラティリティ指数(VIX指数)は30%超の上昇率となった。

対中国政策によるボラティリティの上昇は、世界一の自負がアジアの巨大勢力に揺らいでいることを示している。